社会福祉法人富山城南会

     

HOME > 放課後児童クラブ もなみ子どもクラブ


放課後児童クラブもなみ子どもクラブ

夢中になって遊ぶ 夢中になって学ぶ 自分らしさを発揮できる居場所でありたい。

放課後児童クラブは、一般的には「学童保育」、「児童クラブ」と呼ばれています。もなみ子どもクラブは、パソコンルーム・読書室・ホールなど、その充実した設備・内容は一般の児童クラブとはちょっと違った施設として、行政からも高く評価を受けています。子どもたち一人ひとりが自分らしく成長できる「場」として機能しています。

施設の特徴

  • 地域校区の小学校を中心に市内約25カ所の小学校区からご利用されており、高学年の児童も受け入れています。
  • 保護者様に安心して就労していただけるように、児童の安全を第一に考慮しています。各小学校の「学業振替休日」にも対応しています。
  • 3つの学習室、ホール、パソコンルーム、読書室、プレイ(シアター)ルーム、シャワールーム、屋外広場などの施設設備が整っており、一人ひとりに応じた生活や遊びの「場」を提供しています。
  • キッズタイムとして、「リトミック」「パソコンどっと・こむ」「イングリッシュ」「絵画」「ヒップホップダンス」など、より専門性の高いメニューを様々そろえており、自由に参加していただけます。
  • カルチャー教室として「ピアノ」「そろばん」「スイミングスクール」との提携も行っています。

学校から帰ってきたら、まずは宿題を! 「もなみのワーク」にもチャレンジします。曜日によってはその後、「かきかた教室」「そろばん教室」が展開されています。

パソコンルームでは子どもたち専用の9台のパソコンが使用可能。モラルを育みながら、一人ひとりに応じたスキルを高めています。

読書室には絵本・童話・図鑑など、合わせて3850冊以上の書籍がそろっています。

リトミック。音楽に合わせて楽しく身体を動かしましょう!

ジャパンスイミングスクールの送迎バスが子どもクラブまで来ています。みんなで一緒に出発!

放課後児童クラブ(放課後児童健全育成事業)とは?
保護者が就労などにより家庭にいない、小学校に就学している児童を対象として、授業の終了後に小学校の余裕教室や児童館などの施設を利用して適切な遊びおよび生活の場を与えて、その健全な育成を図る事業です。

▲このページの上部へ